上 10 屋外サバイバルキット一覧基本計画エッセンシャル

上 10 あなたはすべての屋外の荒野の状況のた​​めに運ぶ必要が屋外サバイバルキットリストの基本的な計画の必需品. これらは、に追加することができます, イベントの期間に応じて、有効性を高めるために, 気候の厳しさ, 高温または低温と追加の条件をリスク, 環境やイベントが、その環境の中に導入することができます. 例えば. 荒野の歩道上マウンテンバイクは、同じ環境の中で必然的に伴う荒野の道でハイキングよりも、転倒する危険性が増加する可能性が.

上 10 屋外サバイバルキット一覧計画エッセンシャル

  • 応急処置
  • ナビゲーション
  • 懐中電灯
  • シェルター
  • キットの起動火災
  • 信号装置
  • 適切な服
  • フード
  • ナイフ

生存の基本的な軍の前提は、いつでもどこでも用意して行くということです. したがって、あなたが用意されているので、効果が緩和される予定外の緊急時に. あなたの屋外のサバイバルキットのリストを準備度はご自身の選択となり、これらを含むあなたのキットまたは生存バッグがいかに大きなへと継続時間や地域の遠隔によって影響を受ける可能性があります.

上 10 屋外サバイバルキットリストの必需品

基本的な応急処置屋外サバイバルキット一覧

イベントの最初の、そして最も一般的な発生はその事故が野生でまたは屋外には非常に一般的であり、あなたの荒野のサバイバルキットのリストで、基本的なフィールド応急処置キットは、この要求を満たすことができるはず持つあなたが最初の計画を立てるものでなければなりません. だから、基本的なドレッシング, プラスター, テープ, おそらく縫合糸, スリングを作るか、スリングを即興ために何か.

正しく管理が、簡単に旅行や秋から発生する可能性があります場合によりカット手や膝からの血液の損失に落下することは回避することが. また本鎖の取得結果として歩道上で、あなたのペースを遅らせる水ぶくれのような単純なことは、一晩もプラスターの使用で容易に回避することが.

十分な飲料水

任意の旅行で、あなたがイベントの期間と計画された気候のために十分な水を持っていることを確実にするために不可欠です. ハイキング場合はキャメルバックをサイクリング山が水のために不可欠であるが、場合、あなたは最低でも水の少なくとも2リットルを持っていなければなりません, 理想的リットルの水のボトルのスペアを持ちます. あなたも確認する必要がありますすべての項目と同じように、あなたは、不測のイベントの期間中、水の回収および精製のための方法および不測の事態のためのいくつかを持っています.

金属水水筒とマグカップ

時々旅行は予想よりもはるかに長く続くことができます, 十分な水を持つことは長期滞在や生存状況の違いを作ることができます. アウトドア活動は、エネルギーを必要と, そして十分に水和であることは精神的に計画されていない状況から抜け出すために集中するあなたの能力を与えます. 水は短期的には食べ物よりも体へのより本質的です.

下 “ノーマル” 状況, 人は唯一のために生き残ることができます:
3 空気のない分
3 水のない日
3 食べ物のない週

の損失 10% 総体液の身体機能の大規模な混乱を引き起こします; の損失 20% 通常の死になります. これは、めまいや崩壊によって先行されます. 十分に水和滞在し、あなたの体から余分な水分の損失を回避することはこれに対処するための最良の方法です.

ナビゲーション & コミュニケーションエイズ

マップとコンパスは、あなたがあなたの屋外のサバイバルキットリストに運ぶ必要が最低限のナビゲーション支援しているが、あなたは目印があまり認識されている遠隔地での使用にこれらと実践を使用できるようにする必要があります.

コンパスとナビゲーション

現代の携帯電話は、全地球測位システムを持っています (GPS) 彼らはナビゲーションのために簡単ですように建てられた受信機と多くの人々がこれらに依存しています. 彼らは信号を取得したり、電力や信号なしでバッテリーが不足することができない場合、彼らは無価値です. 長い人生を考えてみましょう, ナビゲーション用に構築された防水GPSデバイスの目的. 完全に充電されたバッテリーを携帯または衛星電話やラジオを運ぶが、あなたが助けを呼ぶか、あなたが人々に助言するために緊急に必要がある場合には、これらの貴重なツールを使用します. バッテリーを節約するために、緊急時のためにオフにしておいてください. コールド電池は、そこからより良い電力を得るために使用する前に、必要な場合ので、それらを温めるより早く劣化させます.

Headtorch /懐中電灯, 予備の電池とまたスペア電球

予備の電池も予備の電球とヘッドトーチや懐中電灯は間違いなくあなたの不可欠な基本的なサバイバルキットのアイデアに含ま生存機材リストでなければなりません. スペア電球は、多くの場合、Maglitesのようなアルミ懐中電灯の本体内に含まれています.

スケジュールされていない一晩滞在の多くは、単に基本的な生存キットとしてヘッドトーチまたは懐中電灯を運ぶことによって防止されている可能性が. よく, レスキューを必要と誰かが実際に失われていませんでした, それは単に、彼らが一日の終わりに到達するために期待していた場所に戻ってナビゲートするのはあまりにも暗くなりました, これは彼らの一晩キャンプの場所であったかどうか, そのルートアウトまたはそれらの輸送. それが安全に移動するにはあまりにも暗くなったら, 迷子の可能性が大幅に増加しています. すべての人が良いナイトビジョンを持っています, いずれかの強化や環境によって削減されます. 問題は、暗所で、光の任意の供給源なしに生じます, 夜に動き回ることにより、崖のような目に見えない危険に非常に危険なことができます, 滴, 木の枝, 水や野生動物. したがって、単にヘッドトーチと懐中電灯を運ぶことにより、生存状況に遭遇するチャンスが非常に低下しています.

緊急シェルター機器

私たちは、ときに小さなを荷造りし、あなたの屋外のサバイバルキットのリストには本当に迅速な一夜緊急避難所を作るよう、屋外に防水シートや防水シートを運ぶお勧めします. あなたがそれらを設定する方法を知っているし、これらを設定するために、正しいテントペグと弾性バンジーコードやparacordを持っているように、これらを構築する練習. Paracordは軽いですが、避難所を使用して、我慢する時間がかかります. あなたが好むものを見るため、または運ぶことができ、これと実践. あなたはリュックサックを持っていない場合は、軽く詰めることを好むこと.

ターポリン緊急避難所

Tarps can also be used as ponchos in an emergency and the British Army design poncho doubles up as a tarp so that there is no need to carry 2 devices. They can be the difference between getting hypothermia or not in a survival situation. If you can locate an orange or bright coloured tarp these can also be used for signaling and will stand out better in the woods.

キットEssentialsの開始火災

A fire starting kit can consist of a disposable lighter, a fire starter device such as a flint and steel, a small candle for making fire lighting easier, waterproof lifeboat type or wind-proof matches or home made waxed matches.

These can be vital to ensuring you stay warm enough outdoors if you find yourself stranded during a change in the weather, or from an injury, or from an unplanned overnight stay.

A fire can be used for:

  • Providing essential warmth in a survival situation
  • Cooking food or making hot drinks
  • Drying clothing to reduce the threat from exposure
  • Signaling at night or with smoke during daytime
  • Boiling water to make it safe for drinking
  • Keeping wild animals away

A fire no doubt will provide an important boost to the morale even if you don’t really need it to survive. The survival benefits of fire are more than just physical. It is important however to ensure that you practice starting fires with your chosen fire lighting equipment so that you know how effective they are and whether the fire lighting items are really worth carrying or should be replaced. Don’t underestimate the resources needed to light a fire and keep it going especially when everything is wet. Boiling water will also need containers so metal army mugs are an ideal option for this task if you are not intending carrying pots and pans.

信号装置

In a survival situation a whistle or a signal mirror can increase your chances of being heard or seen. These don’t take up much space and as they don’t weigh hardly anything at all are essentials for your outdoor survival kit list. It takes much less energy to blow a whistle than it does to yell, and the sound carries farther. A signal mirror or a shiny object is the device that is responsible for more Search and Rescue (SAR) subject sightings by aircraft than any other type of signal. In actual rescues; it has been documented; that a signalling mirror has been spotted from a rescue plane over five miles away.

環境に適した服

Suitable clothing for the activity to allow your skin to breath and stay cool are a must. This will ensure you don’t overheat or sweat excessively, losing essential water. You should also consider sufficient extra clothing which can be used if the conditions change for the worse from wind, rain and cold. Even in the summer, in exposed areas like mountains and open plains; temperatures can vary dramatically; and the temperature fluctuations can be significant. Temperatures in the shade and in the sun in a shaded valley can also be significant.

Having sufficient extra lightweight clothing to cope with these unexpected conditions cannot be underestimated. Many people are caught out every year and need to be rescued because they simply did not plan enough to bring sufficient clothing to keep them warm in changing conditions. New technology clothing like fleeces and windproof clothing technologies make these now much easier to manage.

サバイバルまたは緊急食糧

時々旅行は予想よりもはるかに長く続くことができます, and having spare food for emergency use can make the difference between an extended stay and a survival situation. アウトドア活動は、エネルギーを必要と, and having extra food can give us the boost we need to get out of an unplanned situation,possibly later than planned but still in one piece. High energy survival foods are the best and again advances in food technologies have made this easier with foil packed foods which can be packed easily and eaten cold without any tools.

ナイフ&ツール

Knives are an essential tool if you are hiking, hunting or fishing but many people are not comfortable carrying a large knife. Survival knives are also now very popular and are more flexible as a knife with additional wilderness survival tools sometimes as accessories. If you are not comfortable with carrying a knife consider packing one in your survival gear list just for emergencies. Only when you try cutting paracord without a knife do you realise how essential these items are. Survival tools are also now much more popular for multi-use and pack away well. Many people prefer these to larger survival knives and they contain a small blade for cutting cord and are sufficient for small knife uses like cutting cord and food.

荒野のサバイバルベーシックキット一覧パッキング

When packing your outdoor survival kit list items or purchasing them online consider the size and weight of them, how robust they are, how useful they are when wet and whether one device can double up also to cater for a secondary use. Consider also cutting them down to save space as long as they can still be used, like removing decorative handles or carrying smaller size items to create mini survival kit items.

Another common army survival saying is that two is one and one is non. This simply means that for everything that you take for your survival gear list, you should also have a spare item or an alternative method available. This does not necessarily mean you need two of every item to create the best survival kit, due to size and weight limitations. But what it does mean is that there should always be another method available to you; so for light the two sources could be a large headlight and small flashlight, for fire starting this could be a disposable or zippo lighter and a fire starting kit, flint and steel. Just because you need to light a fire does not mean you can’t use a lighter if you have one. What you should consider in your packing of your survival gear list is what you would do if your lighter runs out.

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,